好きだけではやっていけない

介護の仕事に就いた理由として、「お年寄りが好きだから」と言う人は多いです。
しかし、介護士は「お年寄りが好き」だけではやっていけないことがほとんどなのです。

老人ホームを利用している高齢者の多くは、自分で動けなかったり、認知症を患っていたりして、サポートを必要としています。症状の出方は人によって様々です。大人しくしていてくれる人もいれば、徘徊する人、誰彼構わず罵詈雑言を浴びせる人、気にくわないと叩く人など、色々な人が居ます。介護の仕事では、どんな人も平等にお世話をしなければなりません。
また、介護士は動きに不自由のある入居者の生活介助で、力仕事を行う必要があります。そのため、介護士がヘルニアを患い、コルセットを巻いて勤務している人も多いのです。

介護の仕事は、体力と忍耐力が必要な仕事です。つらい仕事と言ってもいいと思います。
その上、介護士の給料は労働に見合わないくらいの賃金であるところが多く、そのために介護業界は常に人手不足なのです。しかし、国が介護の現状について知り、状況の改善を行い始めたので、将来的には待遇が改善する可能性があります。

せっかく介護士になっても、勤務のつらさから辞めてしまう人も少なくありません。超高齢社会の今、まだまだ介護が必要な高齢者は増えていきます。しかし、介護士の数は全く追いついていないのです。
こんな現状にある介護の現場ですが、熱意を持って頑張って働いている介護士達もいます。長く務めることができている介護士は、介護に大きなやりがいを感じているのだろうと考えられます。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です