生活相談員の悩み解消テクニック

高齢者がつらい、と感じた時に相談するのが生活相談員です。高齢者がどのようなつらさを感じているかを一緒に考え、解決を目指してサポートしています。
そんな生活相談員自身にも、仕事でつらい事は多々あります。しかし、相談を受ける一方で、人に悩みを相談するのは苦手という人が実は多いのです。
生活相談員として活躍している人たちは、どのようにして悩みへの対応を行っているのでしょうか。世の中の相談員たちが活用している上手な悩み解消方法を知っていれば、日常や仕事できっと役に立つでしょう。

実際に、生活相談員の人が仕事上のつらい気持ちを発散させる方法として興味深いのは、一日の出来事を記録に残すことです。
悩みをつらいく感じるのは、頭の中で際限なくひたすら考え込んでしまうからです。頭の中でぐるぐる考えるだけでは、キリがありません。
日記などに悩みなどのつらいと思っていることを書いてみることで、意外と悩みは消えてしまうものです。
毎日記録をつける習慣を続けると、いつのまにか仕事上の悩みは軽くなるのだそうです。
この方法だと、ペンを動かしているうちに、頭の中の整理整頓もでき、問題解決の糸口が見つかる可能性があります。

また、日記などで記録を残すのは、後で振り返って見るのにも有効です。過去にあった問題やその解決方法を記録しておけば、将来似たような問題が持ち上がった場合、すぐに対処が可能です。

毎日仕事の記録を取ってきた生活相談員は、問題解決のための能力も高いです。考えを整理することができ、また多くの悩みに対しての解決策を知っている頼りになる存在です。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です